《高島ピアノ塾》の門を叩かれる大人の方は、
レベルも目的も実にさまざまです。

ここでは、典型的なパターンをいくつか挙げて指導方針をご説明しておりますが、
実際は、おひとりおひとりのご希望をお伺いして、
オーダーメイドのレッスンをご提案させていただいております。

何かと多忙な大人の生活。
どうしても練習時間が確保できない場合があることもよく理解しております。
お忙しい時期には、
「レッスンで練習するつもりでお越しください」と申し上げております。

1.はじめてのピアノ

長年憧れだったピアノ。
勇気をもって、今こそレッスンを始めてみませんか。
読譜から丁寧にご指導しております。

ピアノは決して難しい楽器ではありません。
むしろ、他の楽器や声楽に比べ、楽器自体が完成しているため、
レッスン初日から美しい音を出すことが可能です。

私の知り合いのある方は70歳を過ぎてから電子ピアノでレッスンを始め、
もう15年近く継続されていて、中級レベルの曲に到達しておられます。
両手を同時に使うことが、脳の良い刺激になっている、とおっしゃっていました。

美しいピアノ芸術の世界への第一歩を、
《高島ピアノ塾》がお手伝いさせていただきます。

2.ピアノを再開したい

子どものころに習っていたピアノをまた再開したいという方の場合は、
まさに「三つ子の魂百まで」で、
意外に早くもとの水準にまで戻れるものです。
どうぞご安心ください。

子ども時代と違って、
大人は筋道が分かることで理解をショートカットできます。
当塾の指導では、言葉による説明を重視しておりますので、
大人のリスタートの方には最適です。

その上で、
子ども時代に学び残した「穴」を埋めていくことで、
更なる上達を目指します。

3.趣味だが、もっと上達してピアノを楽しみたい

《高島ピアノ塾》にいらっしゃる方の多くが
こういった気持ちを抱えておられます。

・子どもの頃習っていたので、再開したい
・独学で初級レベルには到達したが、もっとうまくなりたい
・有名曲を弾いてみたい
・ある程度弾けるのだが、1曲仕上げるのに時間がかかる
・難しい曲に挑戦してみたい
・アマチュアのコンクールに出たい

など、おひとりおひとり、上達を目指す動機は異なりますが、
「壁」を感じておられる点は共通です。

大人の場合、「壁」は
・テクニック面(「指の強化」という言葉から指を力んで固めてしまっているケースなど)
・メンタル面(弾くことへの身構えや気負い、不安から来る緊張など)
…に起因することが多く、
その多くは、誤った情報から来る誤解やイメージ違いによるものです。
ちょっとしたアドバイスがきっかけで、
驚くほど簡単に「壁」を飛び越えてしまう場面に
これまで何度も立ち会ってきました。

《高島ピアノ塾》では、
20歳を過ぎてからピアニストへの道へと進んだ主宰者だからこそわかる
大人抱える上達への悩みに
おひとりおひとりにあったやり方で応えていきます。

具体的な指導内容に関しては、中級・上級のページも併せてご覧ください。
中級について
上級について