1.Academic Background 学歴/音楽歴

大阪府豊中市出身。

4歳からヤマハ音楽教室幼児科で音楽基礎・ソルフェージュを学ぶ。
6歳からピアノを大森孝子、横浜柾子の各氏に師事。

豊中市立上野小学校卒業。
国立大阪教育大学附属池田中学校卒業。
同附属高等学校池田校舎卒業。
早稲田大学法学部卒業。

早稲田大学在学中は、
ピアノサークル「ショパンの会」に所属し演奏活動を行うと同時に、
新星日本交響楽団(現・東フィル)合唱団や都響創立20周年記念合唱団などで、
マーラー《千人の交響曲》などオーケストラ付き合唱曲の公演に参加。

早稲田大学卒業後、
昭和音楽大学の併設校である東京声専音楽学校
(のちに移転に伴い昭和音楽芸術学院と改称、2007年3月閉校)に進学。
同校音楽科声楽コース首席卒業(優等賞)。
昭和音楽芸術学院研究科オペラコース進学後、ピアノコースに転科、
同研究科ピアノコース修了。

2016年4月より東京藝術大学大学院音楽研究科(音楽文化学専攻)に入学。
2018年3月同大学院修士課程修了、4月より博士課程に進学。
修士課程修了時に大学院アカンサス賞受賞。

ピアノを米山秋子、カールマン・ドラフィ(短期)の各氏に、
伴奏法を金井紀子、平島誠也、水谷真理子、ダルトン・ボールドウィン(短期)の各氏に、
声楽を浅井敏江、木村淳子、田中房子の各氏に師事。
近年は、大野眞嗣によるロシアピアニズムを
高橋美幸(大野メソッド講師・大野眞嗣アシスタント)の元で習得、研鑽を重ねている。

日本演奏連盟会員。
日本音楽学会正会員。
舞踊学会会員。

2.Vocational Career 職歴/演奏・研究歴

昭和音楽芸術学院在学中から、声楽伴奏を主軸に演奏活動を展開。
個人リサイタルの伴奏や日本音楽コンクール等コンクールの伴奏の他、
堀野浩史氏(奏楽堂日本歌曲コンクール優勝)をはじめとする
声楽家のレッスンの常任伴奏、
国技館5000人第九、鶴見大学女声合唱団等の合唱伴奏、
岡田事務所などのオペラ公演の音楽スタッフを務める。
そのかたわら、(株)東京音楽センターに所属し、
ブライダル演奏、ラウンジ演奏でポピュラー音楽にも活動領域を広げる。
この分野では、ピアノの他にシンセサイザー演奏にも携わる。

1994年、北イタリアのガルダで開催された
フィオレンツァ・コッソット女史による声楽マスタークラス公式伴奏者。
1995年 公募による選考試験を経て、昭和音楽大学附属音楽教室講師に採用。
シアターダンス、ミュージカル、バレエの伴奏を担当(現職)。
1998年 公募による選考試験を経て、昭和音楽芸術学院非常勤嘱託伴奏ピアニストに採用。
主にバレエ伴奏を担当(2007年3月閉校)。
2001年、公募による選考試験を経て、昭和音楽大学伴奏講師に採用。
バレエ伴奏を担当(現職)。
2002年から2006年まで、横浜バレエインテンシヴの講習会で伴奏を担当。
2003年から2011年まで、オペラサロン・トナカイのアーティストとして、数多くの声楽家と共演。
2004年から2008年まで、永田バレエスタジオで伴奏を担当。
2005年より、東京バレエ劇場附属バレエ学校大久保本校ピアニスト(現職)
2006年より、スターダンサーズ・バレエ団ピアニスト(現職)
2008年より、奈良国際バレエ工房主催の講習会で伴奏を担当(現職)
2010年より、ダンスツアーズ主催の講習会で伴奏を担当(現職)
2015年より The Wells主催の講習会で伴奏を担当(現職)

バレエ伴奏では、オペラ伴奏の経験を生かして、
通常のクラス伴奏に加えて
古典作品・バランシン作品などのリハーサル伴奏でも活躍している。
来日ダンサー・教師によるバレエ・セミナーや講習会では、
世界の主要メソッドの特徴を踏まえた演奏と
ヴァリエーション、キャラクター、マイム(アクチョール)など
さまざまな特別クラスにも即時対応が可能なピアニストとして、
日本各地から招へいを受けている。
特に、英国系とロシア系(ワガノワ、モスクワ)の両極端なメソッドを
歴史的背景から理解し弾き分ける技術に対しては、
高い評価を得ている。

研究者としては、バレエ、オペラ、歌曲を通じて
「ことば(詩)と身体表象(舞踊やオペラ演技、歌唱)を媒介するものとしての音楽」
について考察することをライフワーク・テーマと定めている。
主たる関心領域はバレエを中心とする劇場芸術で、
バレエ教授法と伴奏についての研究論文、
およびロマンティック・バレエと音楽に関する研究論文を数本執筆している。
サブの研究テーマには「歌曲と詩」を掲げ、
日本歌曲と近代日本史に対する論考の執筆にも携わっている。

以上の個人としての演奏活動と並行して、
夫である声楽家・小迫良成(藤原歌劇団団員・日本演奏連盟会員)とともに、
2009年より、オフィス《スタジオかのん》を発足。東京下町を拠点に
●音楽と地域の繋がり
●音楽による社会貢献
●クラシック音楽の社会との共存 を目指して、
オペラ/コンサート/ワークショップの企画制作、
芸術文化研究の民間拠点としての活動、
芸術文化を理解する次世代グローバルエリートの育成を目的とする音楽教室の開講
などの事業を行っている。
同オフィス制作の連続演奏会シリーズ《ARTS & HEARTS PROJECT 》(略称AHP)は、
2018年1月現在公演回数70回を超え、
WFP(国連世界食糧計画)への募金総額は95万円を超えている。

バレエ伴奏に関するキャリアの詳細

研究に関するキャリアの詳細 スタジオかのん ARTS & HEARTS PROJECT

3.Teaching Career 教歴

ピアノ指導者としては、昭和音楽芸術学院在学中より後進の指導を開始。
埼玉進学教室ピアノ教室部門に勤務と並行して、個人宅出張レッスンも行う。

1993年からはブライダル事務所の奏者養成コースの講師を
足掛け7年間務め、幾人ものプロ奏者を育てた。

1995年、公募による選考試験を経て、
昭和音楽大学附属音楽教室講師に採用。
ピアノ講師として選科コースの指導を20年近く担当。

大人(初心者~上級者)への指導に特に定評があり、
保育士受験、ポピュラー曲やコード奏の指導からクラシック上級曲まで
受講者のニーズ幅広く対応できる知識と経験が
大人の受講生からの深い信頼の源となっている。

ハイフィンガー奏法からロシア奏法(重力奏法)への転換レッスンでは、
「苦手なパッセージが楽に弾ける」「音が変わった」と喜ばれている。

また、伴奏のプロとしての長年の活動経験を活かした
「音楽を仕事にするためのコーチング」は若い音楽家たちに好評を博している。