「音楽学校時代」へ戻る

フリーランスの音楽家の悩み

研究科修了で、名実ともにフリーランスのピアニストという立場になった。
この頃の私の収入源は、伴奏とソロ演奏と指導の3本立てがほぼ均等という状況だった。

伴奏は声楽のレッスンやコンサート、オーディションなどが中心で、
《カルメン》、《ラ・ボエーム》、《椿姫》などオペラの稽古ピアニストや
国技館5000人の第九や鶴見大学女声合唱団などの合唱の仕事、
チェロやフルートの伴奏も行っていた。

ソロはもっぱらポピュラー系で、ラウンジやブライダル(主に披露宴)での演奏。
ピアノだけでなくシンセサイザーも扱った。
このときに電子楽器の扱いや配線に慣れたことが、
後々、さまざまな仕事の現場で役に立つことになった。

指導は、ピアノ教室の講師と、個人宅の出張レッスンを合わせて10~20人程度、
更に、ブライダル所属事務所の奏者養成コースの指導で10人程度、
生徒さんを抱えていた。

教える仕事は好きで得意だっだし、
ポピュラー系の仕事は
音楽が社会の役に立っていることを実感できるのでやりがいを感じていたが、
いつかは先生方のように、伴奏一本で生活できるようになりたいと願っていた。
そのためには、もっとピアノのスキルを上げ、レパートリーを増やし、
声楽家と共演する経験を積まなければならない。

この頃の私の悩みの種は、
音楽の仕事とはいえ、生活費を稼ぐことに追われて
自分の成長に必要な研鑽に充分に注力できないことであった。

しかし、この苦労のおかげで、
短時間で最大の効果があがるよう練習方法を工夫したり、
生活全体にわたってタイム・マネージメントをしっかり行ったり、
来た仕事を音楽の仕事だからと喜んで何でも引き受けず、
単価の高い仕事を選んで受けるようになった。

「運も実力」という言葉の意味を思い知る

ある日、レッスン伴奏のお仕事を下さっていた声楽の先生から、
昭和音大附属音楽・バレエ教室の講師の公募があることを知らされ、
試験を受けることを勧められた。
併設校の出身とはいえ、音大卒ではない私が受かるわけがないと思ったのだが、
幸い合格となり、ピアノ講師として採用が決まった。
この時期は、たまたま業務拡張のため大量採用が必要で、公募が実施されたようである。
ここでは、ピアノ講師として採用されたのだが、
ポピュラー演奏の経験を買われて、ミュージカルの伴奏も任されることとなる。

さらに数年後、母校・昭和音楽芸術学院(「東京声専音楽学校」から校名改称)に
新たにバレエコースが設置されることになり、バレエピアニストの公募が発表された。
ちょうど伴奏を発注してくれていた同世代の歌手たちがそろって留学に旅立ち始め、
仕事が減少気味だったので、ダメ元で応募してみたところ、なぜか合格。
バレエのことをほとんど知らない私が、バレエピアニストとして働くことになった。

バレエコースは、
「日本にいながら欧米のバレエ学校と同じ水準の教育を」という理念のもと、
英国ロイヤル・バレエ団出身のバレエ教師が常勤として着任していた。
私が合格した理由の一つには、どうやら私の英語力への期待があったようだった。

幸いなことに、バレエの前知識が全くない私を、英国人教師は歓迎してくれた。
むしろ、バレエという芸術の本質、音楽と踊りの関係について、
一から教えることができるのを喜んでいた。
私がオペラ伴奏の経験者であったことも、信用度につながっていた。
欧米のオペラハウスでは、バレエとオペラは両輪であり、
リハーサルの進め方が似通っていたからだ。
英国人教師のおかげで、私は2-3カ月のうちにすっかりバレエ伴奏に慣れることができた。

公募によって仕事を得たこの二つの経験から、
仕事を得るためには、演奏力をあげるのはもちろん、
人の縁や、ものごとのタイミングのめぐり合わせも大事だということを学んだ。
また、妙な先入観にとらわれて消極的になり、
自分からチャレンジの機会を放棄することが、
実にもったいないということも思い知った。

これまでの経験から、
人生は、紆余曲折はあるにせよ、最終的には
自分の心の深い部分で描いているイメージの通りになるものだということは
実感していたが、
人の縁やタイミングの波に上手に乗ることで、
その実現スピードが上がるらしいということを学んだのである。
理想の人生を創り出すために、
自分の中の弱さや甘い部分をどうコントロールするかということに加えて、
運の波を読み、波の高低を上手に乗りこなすにはどうすればいいかということも、
これを機に研究するようになった。

バレエ伴奏に携わるようになって3年目の秋、
昭和音楽大学にもバレエコースが新設され、
ピアニストの公募が実施されることになった。
今回は、大学講師(伴奏講師)という好待遇だったため、
海外の音楽院出身者や、賞歴のある人、有名音大出身者らの応募が殺到した。
音大を出ておらず留学経験もない私にとっては厳しい戦いだったが、
バレエ伴奏経験を前面にアピールすることで、採用を勝ち取ることに成功した。

「音楽家として生きる」へ